9月の注目「株主優待」をチェック!【追記あり】

9月の注目「株主優待」をチェック!【追記あり】についてのイメージ画像
  • 最終更新:2018-08-29
  •  クリップ:0人

今月は優待銘柄が豊富!

今月もやってまいりました。「株主優待」の総ざらいです。9月が決算月という企業もたくさんありますし、3月決算の企業で9月にも優待を実施する年2回優待の銘柄もたくさんありますので、全部チェックしていくのはけっこう骨が折れるのでございますのよ。なんていう言葉遣いをしてるんだかよくわかりませんが。

前置きはそのくらいにしまして、今月も「QUOカード」の利回りランキングの部と「お得レシピ編集部が独断で選んだ、その他の気になる株主優待銘柄」の部の2本立てでご紹介します。一部の銘柄を除いて月末が権利確定日なので、9月25日(火)が権利付最終売買日ということになります。わりと早めだし、連休明けだしということで、どうかお忘れなきように。

毎月恒例、「QUOカード」優待銘柄のトップ5は!?

まずは「QUOカード」がもらえる銘柄からチェックしていきましょう。何のトップ5なのか?というと、優待を受けられる単元の株の購入額に対する、もらえる「QUOカード」の額面を比べた「QUOカード利回り」のいい銘柄のトップ5です。年に複数回もらえる銘柄もありますが、ここでは「年間でいくら分のQUOカードがもらえるのか?」で利回りを計算しています。株価は2018年8月24日の大引時点を基準としています。それでは、トップ5はこちらです!!

1位 日本ギア工業(6356)
100株で1,000円分の「QUOカード」(3月・9月)
株価:525円  利回り:3.81%

2位 プロパティエージェント(3464)
100株で3,000円分の「QUOカード」
株価:1,350円 利回り:2.22%

3位 成学社(2179)
100株で1,000円分の「QUOカード」(3月・9月)
株価:1,004円 利回り:1.99%

4位 城南進学研究社(4720)
100株で500円分の「QUOカード」(3月・9月)
株価:513円  利回り:1.95%

5位 ディア・ライフ(3245)
100株で1,000円分の「QUOカード」
株価:535円  利回り:1.87%

今月は「QUOカード」銘柄が70以上と数も豊富で、利回りが高いものもたくさんありました。その中で1位は「日本ギア工業」です。年2回の優待ということで、3月にも1位としてご紹介しているんですが、その時の利回りは4.18%でした。株価がじわじわと上がってきているということですね。とはいえ、今でも株価は500円台で100株で権利が得られるわけですから、5万円強の投資でいいわけです。手ごろだから狙い目だし、狙い目だからこそみんなが欲しがって株価も上がっていく……ということも考えられます。もちろん、業績次第という部分はありますが、この優待なら欲しがる人が多いでしょうし、それが株価にも影響しているはずです。

2位には不動産投資の「プロパティエージェント」が入りました。100株で3,000円分はけっこうな大盤振る舞いですよね。他の月なら2%台の利回りなら1位でもおかしくないところですが、1位が強すぎて2位みたいな感じですかね。配当金も2019年3月期は16円という予想が出ているようです。こちらも狙い目と言えそうです。

3位と4位には学習塾、予備校の企業が入りました。どちらも年2回の優待で利回りも2%弱と悪くないと思いますし、配当も10円あたりで安定してますね。長期保有もありなのかもしれません。5位は不動産・人材派遣の「ディア・ライフ」ですが、2018年9月期の予想配当が24円と前年から7円アップしてますし、株価も500円台と手ごろな感じがするので、人気が集まりそうな感じもします。

そのほか、トップ5には入らなかったのですが、「フルテック」(6546)は、9月に今年限りの記念優待として1,000円分、12月に通常の株主優待で1,000円分の合計2,000円分もらえるということで、利回りは1.70%となっていました。また番外ですが、「ビーアールホールディングス」(1726)は1年以上保有すると年2回(3月・9月)500円分ずつもらえて、利回りが2.39%となっております。ご参考まで。

そのほかの注目株主優待はこちらです!

もちろん「QUOカード」以外にも様々な株主優待があります。こちらでは「お得レシピ編集部」が気になる株主優待銘柄を独断でピックアップします。

  • カナミックネットワーク(3939)
  • 100株で旅行券20万円分(抽せんで10名様)
    株価:2,158円  利回り:92.68%(当たれば)

    介護や医療のシステムを手がける「カナミックネットワーク」は、今年の7月に東証マザーズから東証一部に上場となった企業ですね。これを機に株主優待制度を導入したわけですが、抽せんで10名に20万円分の旅行券ということで、これは大きいですよねぇ。何でも自社サービスを通じて健康寿命の延伸への貢献を目指しているので、健康寿命の延伸効果がある旅行に関する優待を採用したとのことです。また、1年以上保有している方の中からさらに3名様に20万円分の旅行券が当たるということだそうです。

  • ヒロセ通商(7185)
  • 100株で1万円相当の自社キャンペーン商品
    株価:2,727円  利回り:3.67%

    「colleee」でも口座開設をご案内している「ヒロセ通商 LION FX」でおなじみの「ヒロセ通商」の株主優待は、1万円分の自社キャンペーン商品です。どんなものかというと、「ヒロセ通商」の「LION FX」ではいつも変わったキャンペーンをやっていまして、今ならFXの取引額に応じて冷凍食品の餃子や焼きおにぎり、さらにA5ランクの和牛の特選カルビなどがもらえるキャンペーンを実施しています。冷凍食品は、ヒロセ通商が細部までこだわって、国産原料で国内工場生産をしているそうです。FXの……会社だよね!?と思わなくもないのですが。そういうキャンペーンの対象商品が1万円相当ドーンともらえるというわけです。食いしん坊におすすめかも知れません。

  • ニッコー(5343)
  • 1,000株で5,000円相当の自社製品の陶磁器(3月・9月)
    株価:158円  利回り:6.33%

    今年で創業110年という「ニッコー」は、陶磁器の洋食器やタイル、セラミック基板などを製造している会社です。株主優待は年2回で5,000円相当の陶磁器がもらえるとのこと。高級食器が年に2回送られてくるのって、なんか楽しそうです。または自社オンラインショップで使える5,000円分のクーポン券をもらうこともできるようです。オンラインショップを拝見しましたが、アウトレットコーナーで「クラシックコレクション ペアティーセット」が半額の5,616円になってました。通常1万円以上する高価なティーカップセットが株主優待を使うと600円ちょっとで買えてしまうことになりますね。いいなー。(雑な感想)

  • ヤマダ電機(9831)
  • 100株で3,000円相当のお買物優待券(3月・9月の合計額)
    株価:542円  利回り:5.54%

    家電量販店でおなじみの「ヤマダ電機」ですが、株主優待の仕組みがちょっと珍しいというかややこしいというか……。3月と9月が株主優待の権利月で、もらえるのは「ヤマダ電機」でのお買い物に使える「お買物優待券」がもらえるのですが、3月と9月でもらえる額が違うんです。100株保有の場合は、9月の株主優待が2,000円分、3月の株主優待が1,000円分で合計3,000円分となります。ただ、1年以上保有している方は、9月の優待でプラス500円分もらえます。そして3月の優待の方は、1年以上2年未満保有の方はプラス1,500円分、2年以上保有の方はプラス2,000円分もらえます。だからは初年度は3,000円分、次の1年も保有し続けると5,000円分、その次の年からは5,500円分ということになりますかね。株価もお手ごろな感じですし、毎年それだけお買物優待券がもらえるとなると、長期ホルダーも多そうですよね。

  • セガサミーホールディングス(6460)
  • 100株で1,000円相当の「UFOキャッチャー」利用券(3月・9月)
    株価:1,781円  利回り:1.12%

    パチンコ・パチスロメーカーのサミーとゲームメーカーのセガグループなどの持株会社である同社の株主優待は、今年の3月から創設されたそうですが、なんと「セガ」のゲームセンターにある「UFOキャッチャー」の利用券!なかなか斬新な株主優待だなと思いました。まあ、ゲームセンターに足を運ぶきっかけになればというのもあるんだと思います。商品がズバズバ取れれば、かなりおトクということにはなるでしょう。

  • OUGホールディングス(8041)
  • 100株で3,500円相当の水産加工品
    株価:2,746円  利回り:1.28%

    以前は「大阪魚市場株式会社」という名前だった同社の株主優待は、水産加工品です。単元株式数の変更に伴って、株主優待制度も変更されたようです。100株保有の場合、2018年9月30日を起算日として3年未満の保有者は2,000円相当、3年以上の保有者は4,000円相当の水産加工品がもらえるんだそうで、3年以上の場合は数品目の中から選べるシステムに変更されたそうです。ただ、2020年9月30日までは変更に対する猶予期間ということで、保有年数に関係なく3,500円相当の水産加工品(数品目の指定商品から1品選択)ということだそうです。12月初旬に送られてくるということで、お正月向けの水産加工品があるとうれしいですけどね、いくらとか数の子とか。

  • 力の源ホールディングス(3561)
  • 100株で10%割引カード
    株価:1,125円  利回り:-

    ラーメン店の「一風堂」などを運営する同社の株主優待は、割引カードです。期間中は何度でも利用できて、一緒に飲食した人の分もまとめて支払う場合は、株主を含めて10人分まで割引対象になるそうで、1回の割引額の上限は5,000円だそうです。他の割引やクーポンと併用できるそうですし、毎月1のつく日(1日・11日・21日・31日)は20%割引になってさらにおトクになるようです。「一風堂」が大好きな方はぜひ!という感じでしょうか。なお、1年以上継続して保有すると、割引カードと一緒に「一風堂」でラーメン1杯が無料で食べられる「株主様ご優待券(ご賞味券)」が1枚(年2回)もらえるそうです。

    「QUOカード」は高利回りの銘柄が多かったですし、その他の優待ではけっこう個性的な優待が目立つような気がします。全体的に優待銘柄が多いので、早めに狙いを絞っておくとよいかもしれませんね。

    【追記】お寄せいただいたコメントにお答えしておきます!

    記事を公開すると、みなさまからたくさんのコメントをいただくのですが、「あれ?勘違いされてないかしら!?」とか「その疑問にお答えしたい!」とか「違う違う!ツッコみたい!!」というコメントがけっこう見られます。そのまま放置してしまうのは申し訳ないですしもったいないですので、気になるコメントに少しお返事申し上げておきたいと思います。

    こちらの追記に対して時おり「返答がおもしろい」「ポイントサイトっぽくない」などのコメントをいただけたりして、編集部は少々調子に乗っておりますが、正直なところ、お寄せいただくコメントがおもしろいからこそだと思っております。「謙虚な心」と「ツッコむところはしっかりツッコむ気持ち」を忘れずにこれからもできるだけ続けてみたいと思っています。

    (※こちらでご紹介するコメントは原文のままではなく、「お得レシピ」編集部で一部編集させていただいたものです。)

    挙げられている銘柄多すぎでは……!?

    「お得レシピ」編集部の中に「相場歴40年のプロ推奨!絶対上がる厳選3銘柄!!」みたいな記事が書ける人間がいて、その銘柄が本当に値上がりするのであれば、少ない銘柄数でも記事になるんでございますが、そういう人材が不足しておりまして……。

    あくまでも株の素人の「お得レシピ」編集部が、「あー、これもお得そうだよねー、こういう珍しい優待もあるんだねー」という雑談の様な体でご紹介しているまでのことでございまして、そうしますとご紹介する銘柄が少々多くなってしまうこともございます。専門的な見解を述べることも出来ませんし、ならば興味がある銘柄を広くご紹介しておこうかなと思ったりもしております。大変申し訳ないのですが、週刊誌をパラパラめくって気になる記事があったら読むくらいの心持ちでお付き合いいただければと思います。

    記事カテゴリ:
    お得
     | ポイント
     | マネー
     | ライフスタイル
    この記事に関連するタグ:
    最終更新:
    2018-08-29

    この記事についての感想

    アンケート結果

    集計日:2018-12-12

    参考になった
    100%
    参考にならなかった
    0%

    みんなのコメント(48件)

    • お得な優待制度がある企業の株主になってみたいです
      2018-09-02(参考になった)
    • 52500円で1,000円分の「QUOカード」魅力的で検討中
      2018-08-30(参考になった)
    • 株主優待に興味が湧きました!
      2018-08-29(参考になった)
    • 株主優待制度の良さを再認識
      2018-08-29(参考になった)
    • 株主優待は魅力的ですね。参考になりました。
      2018-08-29(参考になった)

    コメント一覧を表示

    この記事は参考になりましたか?
    また、よろしければこの記事の感想や「株取引」や「株主優待」についてのコメントを投稿してください。(ログインして投稿すると1ポイントGET!)

    コメントの受付は終了しています

    関連する記事

    お得レシピをジャンル毎に探す

    タグ毎に探す

    人気のお得レシピ

    バックナンバー