6月の注目「株主優待」をチェック!

6月の注目「株主優待」をチェック!についてのイメージ画像
  • 最終更新:2018-05-31
  •  クリップ:0人

4月、5月は少なかったですが……

4月、5月は決算を迎える企業がそれほど多くなく、株主優待銘柄もかなり少なかったのですが、今月はそれに比べると質・量ともにかなり上回る感じです。12月決算で株主優待を6月と12月の年2回実施している企業もけっこうあるようです。

6月分もいつものように注目の株をピックアップしてご紹介していきたいと思います。ちなみに、一部の銘柄を除いて、ほとんどの銘柄は月末が権利確定日で、6月26日(火)が権利付最終売買日になります。売買の際、お間違えのないようにご注意ください。

人気の「QUOカード」優待銘柄はこちら!

それでは今月も優待品として「QUOカード」をチェックしてみましょう。株価に対してもらえる「QUOカード」の額面を比べる「QUOカード」利回りのいい銘柄ランキングです。株価は2018年5月30日の大引時点での株価を基準としています。それではさっそくトップ5の発表です。

1位 KeePer技研(6036)
100株で3,000円分の「QUOカード」
株価:1,325円  利回り:2.26%

2位 ツカダ・グローバルホールディング(2418)
100株で500円分の「QUOカード」(6月・12月)
株価:613円 利回り:1.63%

3位 ユニバーサル園芸社(6061)
100株で2,000円分の「QUOカード」(6月・12月)
株価:1,954円 利回り:1.54%

4位 立川ブラインド工業(7989)
100株で1,000円分の「QUOカード」(6月・12月)
株価:1,331円  利回り:1.50%

5位 ラ・アトレ(8885)
100株で500円分の「QUOカード」(6月・12月)
株価:742円  利回り:1.35%

今月は20銘柄以上の「QUOカード優待銘柄」がありましたが、1位は2%超えとなりました。「KeePer技研」の株主優待は、洗車やカーコーティングの「キーパーLABO」で全サービス・商品が20%OFF~になる優待カードなのですが、近くにお店がない方のために、この優待カードを「QUOカード3,000円分」と引き換える制度があるんです。なので、100株保有で3,000円分の「QUOカード」がもらえるというわけです。

そして2位以下はすべて6月と12月の年2回の優待を受けられる銘柄が揃いました。3位の「ユニバーサル園芸社」は、6月の優待が2,000円分、12月の優待が1,000円分で合計3,000円分となっています。もらえる額面が異なるのは珍しいかもしれませんね。また2位の「ツカダ・グローバルホールディング」、5位の「ラ・アトレ」は100株で10万円を切っているので、お手ごろな銘柄と言えるでしょう。「ラ・アトレ」はじわじわ株価が伸びてきていて、配当も前年から増える予想となっていますね。

また、トップ5には入りませんでしたが、「東洋ビジネスエンジニアリング」(4828)は3月・6月・9月・12月と3ヶ月ごとに株主優待が設定されていて、100株以上の保有者にその都度「QUOカード500円分」が贈呈されます。年4回の株主優待は珍しいかと思います。

QUOカード以外の注目株主優待は!?

それでは次は「QUOカード」以外の株主優待にも注目してみましょう。。6月は有名飲食チェーンの株主優待が目立つ印象です。

日本マクドナルドホールディングス(2702)
100株で優待食事券1冊
株価:5,490円  利回り:-

食事券の内容ですが、バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの引換券が各6枚入っているとのことです。バーガー類はすべての商品が引き換えられるようで、サイドメニューはマックフライポテト(S~L)やチキンナゲットなど、ドリンクはどのドリンクでもS~Lの各サイズが引き換えられるようです。

レギュラーメニューで見ると、ビッグマックにポテト(M)+ドリンク(M)のバリューセットが690円なので、それが6回分とすれば4,140円相当ということになりますか。ちなみにパティなどが増量される夜マックも優待食事券のみで追加料金無しで引き換えることが出来るそうなので、そちらで使う方がおトクですね。「倍グランクラブハウス」のバリューセットだと890円ですから。

すかいらーく(3197)
100株で「株主様ご優待カード」3,000円分(6月・12月)
株価:1,630円  利回り:3.68%

「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」など、すかいらーくグループのお店で500円単位で割引に利用できる優待カードがもらえます。そのほか「むさしの森珈琲」「しゃぶ葉」などニラックス系列のレストランでも優待カードを利用できますし、、来年1月からは「トマト&オニオン」「じゅうじゅうカルビ」でも利用できるようになるとのことです。

ちなみに100株以上だと年間6,000円相当ですが、300株以上だと年間2万円相当、500株以上だと年間3万3,000円相当、1,000株以上だと年間6万9,000円相当と保有株数が多いほど株主優待もおトクになります。

キングジム(7962)
100株で2,500円相当の自社またはグループ会社商品
株価:1,121円  利回り:2.23%

「テプラ」や各種ファイルなどオフィス・家庭用文具を販売している「キングジム」の株主優待は、自社&グループ会社の製品だそうです。ちなみに昨年の優待品はクリアファイルやノート等だったようです。

ちなみにこちらの銘柄は権利確定日が6月20日(水)ですので、6月15日(金)が権利付最終売買日ということになりますのでご注意ください。

Jトラスト(8508)
300株で「楽天スーパーポイント」2,500ポイント(6月・12月)
株価:856円  利回り:1.95%

「Jトラストカード」をはじめ、アジア圏を中心とした銀行業、ファイナンス事業を行うグループ企業の持株会社である「Jトラスト」の株主優待は、なんと「楽天スーパーポイント」!ギフトコードの形で送られてくるそうです。年間5,000円分のポイントはうれしいですよね。また「Jトラスト」は配当の権利確定日が3月末と9月末ということで、短期よりも長期で保有する方向けなのかな?という印象です。

ラックランド(9612)
100株で宮城県の物産品3,000円相当()
株価:2,726円  利回り:2.20%

ショッピングモールやスーパー、飲食店などの商業施設の設備や内装の設計、施行、監理などの事業を手がける「ラックランド」の株主優待は、石巻・気仙沼など宮城県の物産品3,000円相当です。6種類の中から選べるとのことで、たとえば昨年12月期の優待品だと、石巻市のたらこや明太子、銀鮭の粕漬けなどのセットだったり、気仙沼市のオイスターソースやフカヒレスープのセットだったり、亘理町・山元町の日本酒、いちご100%ジュース、アセロラ酢のセットなどがあったようです。6月と12月ということで、お中元やお歳暮が届くみたいでなんかうれしいですよね。

小僧寿し(9973)
500株で100円のサービス券100枚(1万円相当)
株価:102円  利回り:19.61%

持ち帰り寿司チェーンを展開する「小僧寿し」の優待は、合計1万円相当のサービス券です。「小僧寿し」「茶月」「鉢巻太助」などで税込500円ごとに100円割引券を1枚利用できます。また、おせち料理が20%OFFになるおせち割引券も1枚もらえます。

まだまだほかにも株主優待銘柄はありますが、6月分のご紹介はこのあたりで。毎月気になる株主優待銘柄をチェックしてご報告していきたいと思いますので、ぜひ毎月チェックしてみてくださいね♪

記事カテゴリ:
お得
 | マネー
この記事に関連するタグ:
最終更新:
2018-05-31

この記事についての感想

アンケート結果

集計日:2018-12-18

知ってた
13%
知らなかった
13%
参考になった
75%
参考にならなかった
0%

みんなのコメント(8件)

  • QUOカードを採用している企業は多いんですね
    2018-06-03(知ってた)
  • QUOカードは現金みたいなもんですよね。
    2018-05-31(参考になった)
  • Jトラストの楽天ポイント付与は気になりますねー
    2018-05-31(参考になった)
  • すかいらーくの株は購入検討中です
    2018-05-31(参考になった)
  • 丁寧で分かり易い記事で、おおいに参考になりました。
    2018-05-31(参考になった)

コメント一覧を表示

この記事の感想を投稿する(ログインして投稿すると1ポイントGET!)

コメントの受付は終了しています

関連する記事

お得レシピをジャンル毎に探す

タグ毎に探す

人気のお得レシピ

バックナンバー