株主優待で「QUOカード」をGET!!(2017年12月版)

株主優待で「QUOカード」をGET!!(2017年12月版)についてのイメージ画像
  • 最終更新:2018-01-23
  •  クリップ:0人

【12月の注目株主優待・QUOカード・株主優待利回りランキング】

日本独自の制度とも言われる「株主優待」は、特定の権利確定日に、株券を一定数以上の保有していた株主が受けられる優待です。現在、3,500以上ある上場企業のうち、1,200~1,300社以上が実施していると言われています。株式に対する配当とは別に、その会社の製品がもらえたり、優待券やお食事券、金券類がもらえたりするものが多いようです。

その中でも比較的多くの企業の株主優待で採用されているのが「QUOカード」です。コンビニエンスストアなどでお買い物に利用できる「QUOカード」は、株主優待の中でも人気の品の一つと言えると思います。なので今回は、権利確定月が12月の各社の株主優待の中から、「QUOカード」がもらえるものをピックアップ。その中で、株価に対してもらえる「QUOカード」の金額がより高い、「QUOカード」利回りのいい株をランキングにしてみました。題して「株主優待でおトクにQUOカードをもらえるランキング」です。株価は2017年11月27日の大引時点での株価を基準とさせていただきました。それではさっそくトップ5の発表です。

1位 ブロードリーフ(3673) 100株で3,000円分の「QUOカード」 株価:1,131円 利回り:2.65%

2位 N・フィールド(6077) 100株で2,000円分の「QUOカード」 株価:1,470円 利回り:1.36%

3位 ユーシン(6985) 100株で1,000円分の「QUOカード」 株価:778円  利回り:1.29%

4位 レッグス(6171) 100株で1,000円分の「QUOカード」 株価:892円  利回り:1.12%

5位 ボルテージ(3639) 100株で1,000円分の「QUOカード」 株価:1,099円 利回り:0.91%

ということで、1位は最低単元の100株で3,000円分の「QUOカード」がもらえる「ブロードリーフ」でした。そればかりか、自動車補修部品専用のECサイト「部品MAX」の優待券2,000円分ももらえます。それも合わせると、利回りは4%超となりますね。

そのほか、2位は「N・フィールド」、3位の「ユーシン」、4位の「レッグス」が利回り1%超えとなりましたが、3位の「ユーシン」は1年以上保有していると、株主優待が「QUOカード」2,000円分と優遇されるので、長期保有しようとお考えの方にはいいかもしれません。

また「レッグス」は、郵便局で販売されている「リラックマ」のグッズを手がけていて、前回の株主優待の「QUOカード」は「リラックマ」がデザインされたものだったようです。リラックマ好きの方や、リラックマのグッズを欲しがっている人が身の回りにいる方にはオススメかもしれません。そして5位の「ボルテージ」も利回りは1%を割り込みましたが、株主優待の「QUOカード」は、自社で展開している恋愛ドラマアプリの人気キャラクターをデザインした台紙付きのものだそうですので、こちらもお好きな方にはたまらないアイテムということになるかもしれません。

そして、見逃してはいけないのが次点(第6位)だった「ツカダグローバルホールディング 」。100株で500円分、200株で1,000円分のQUOカードが年2回もらえます。(権利確定は6月末と12月末)11月27日の終値が58,700円だったので、12月末の1回だけを見れば利回りは0.85%ということになりますが、年2回分を考えれば1.70%となります。さらに「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」をはじめとするグループ運営のホテル・レストランの割引券もついてきます。年間10円の配当も何年か続いているようですし、長期保有してみるのもいいのかもしれません。

もちろん、株主優待だけが株取引の目的ではありませんし、株取引による損益は自己責任ですので、お取引は慎重に!以上、12月の注目株主優待ランキングパート1でした。

記事カテゴリ:
お得
この記事に関連するタグ:
最終更新:
2018-01-23

この記事の感想を投稿する(ログインして投稿すると1ポイントGET!)

コメントの受付は終了しています

関連する記事

お得レシピをジャンル毎に探す

タグ毎に探す

人気のお得レシピ

バックナンバー