7/22開始の「Go To トラベル事業」の基本情報をチェック!

7/22開始の「Go To トラベル事業」の基本情報をチェック!についてのイメージ画像
  • 最終更新:2020-07-22
  •  クリップ:0人

まずは基本情報を把握しておきましょう。

7月22日(水)から国土交通省の観光支援事業「Go To トラベル事業」が始まります。この事業は、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた国内観光業の需要喚起、地域再活性化に向けた需要喚起のための官民一体型のキャンペーンです。期間は最長で2021年3月末までとされていますが、現時点では終了期日は未定です。

この話題を取り上げるだけで、この記事に賛否両論というか圧倒的に否の方のご意見というか、否ではなく怒のコメントが殺到することも想定しております。そうしたご意見をお得レシピは受け止めるというか受け流すというか、今後の記事作成の役に立てていこうとは思っております。

ただ老婆心ながら申し上げれば、こちらに否や怒のご意見をお寄せいただきましても、この事業は始まってしまうのが現実です。お得レシピにこれを止める力はありませんので。もし、否や怒のご意見をこちらにコメント投稿するのであれば、それよりはGo To トラベル事務局の方に直接伝えた方がよいのかなとも思います。筆者ならそうします、という個人の感想ですが。

それはさておき、まずは現時点での基本情報を把握しておくことが大事かなとお得レシピは思っております。「Go To トラベル事業」を取り巻く事情も日々変わっていますし、今後も社会情勢などによって細かな部分が変更される可能性もあります。なので、まずは7月20日時点での基本情報をお伝えしておこうかと思います。

余談ですが、参議院議員を務めた松岡克由氏はこんな言葉を…

余談ですが、現状の把握ということで言いますと、参議院議員や沖縄開発庁政務次官を務めた故・松岡克由氏は、かつてこんな言葉を残しているそうです。

「現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。」
「そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。」

筆者としては、なるほどなという印象を受ける言葉でした。まあ、上の人がこういう考えで行動してくれていたら、下々の者は楽だなという風にも思いましたが。

ご存じの方はご存知だと思いますが元参議院議員の松岡克由氏、こちらは本名ですけど、芸名を立川談志という落語家です。

ちなみにこの後にもう一文、続きます。

「その行動を起こせない奴を俺の基準で……」

最後は何となくぼやかしておきましょうか。

宿泊代・ツアー代が最大35%OFFに。

余談が長くなりましたが、「Go To トラベル事業」の概要をご説明していこうかと思います。対象となるのは国内旅行で、旅行代金の最大1/2相当額が消費者に支援されます。支援額は1人1泊あたり2万円が上限なので、1泊4万円までの宿泊施設、1泊2日で4万円までのツアーなら1/2相当額の支援が受けられることになります。(※それ以上の金額の場合は、上限の1人1泊あたり2万円の支援となります。)

なお、利用回数の制限や連泊の制限はありませんので、何度でも、何泊の旅行でも1人1泊あたり最大2万円の支援が受けられることになります。2泊なら合計4万円、3泊なら合計6万円が1人あたりの支援額の上限ということになります。

支援額のうちの7割は旅行代金の割引という形で還元されます。旅行代金の1/2×7割ということで、旅行代金全体の35%分ということになりますね。この事業に参加する宿泊施設や旅行代理店、旅行予約サイト経由で宿泊やツアーを利用すると、その代金の35%分が割引になります。こちらは1人1泊あたり2万円の上限額の7割ということで、14,000円が上限となります。1泊4万円の宿泊施設、1泊2日で4万円のツアーを利用した場合、上限の14,000円の割引が受けられるということになりますね。

宿泊のみの予約の場合は宿泊料金のみが支援の対象で、交通費は支援の対象にはなりません。ただし、移動手段+宿泊を含んだツアーの場合は、その総額が支援の対象となります。なので、たとえば航空券と宿泊を個人で別々に予約するより、航空会社などが個人向けに販売している航空券+宿泊のパッケージツアーを予約した方が、より安く旅行ができるという可能性もあるでしょう。

日帰りツアーも対象になります。

宿泊を伴う旅行やツアーだけでなく、日帰りの旅行やツアーも支援の対象となります。こちらは1回の旅行につき1人あたり1万円が支援額の上限となりますが、支援額のうちの7割が旅行代金の割引となるのは宿泊・ツアーの場合と同じなので、旅行代金の割引自体は7,000円が支援額の上限ということになります。

国土交通省の資料では、高速バス往復+いちご狩り、往復乗車券+日帰り温泉券、地域周遊きっぷ+うどん店めぐり券などの例が挙げられています。移動手段+移動先でのアクティビティがセットになった日帰りツアーが対象になるという理解でよいかと思います。

ただ、東京発着の旅行は対象外でスタートです。

ニュースですでにご存じの方も多いかと思いますが、7月22日(水)の開始時点では東京発着の旅行は「Go To トラベル事業」の支援の対象外となっていますのでご注意ください。

東京発着の旅行とは、具体的には東京都在住の方(※住民票が基準)の旅行、東京都内を目的地とした旅行とのことです。東京都外在住の方が東京都を経由して東京都外へ旅行する場合、たとえば北海道在住の方が東京都内の羽田空港を経由して、千葉県へ旅行をするというような場合は、支援の対象となります。

ただ今後、東京都の感染症拡大の状況が落ち着けば、東京発着の旅行も支援の対象となる可能性はありますので、今後の情報をこまめにチェックする必要はありそうです。

割引価格での販売は7/27(月)からです。

支援対象となる2020年7月22日(水)以降の旅行ですが、実際に各旅行会社や旅行予約サイトで割引価格での販売が始まるのは7月27日(月)以降で、準備が整った会社から順次開始ということになります。7月22日(水)に旅行予約サイトを見ても、「Go To トラベル事業」の支援による割引前の価格表示ですのでご注意ください。

予約済みの旅行は還付申請が必要です。

7月22日(水)以降の旅行は支援の対象ですので、すでに予約している場合も含めて支援の対象となります。ただし、こちらの場合は旅行後に領収書や宿泊証明書などの必要書類を提出して割引分の還付を申請する必要がありますので、ご注意ください。

9月以降は最大15%分の地域共通クーポンももらえます。

支援額のうちの7割は旅行代金の割引という形で還元されますが、残りの3割は旅行先で利用できる地域共通クーポンとして還元される予定です。旅行代金の1/2×3割ということで、旅行代金の15%分ということになりますね。

地域共通クーポンは旅行先の都道府県+隣接する都道府県で旅行期間中のみ使えるもので、対象店舗でのお買い物や飲食代、観光施設の利用料などのお支払いに利用できます。金券類など換金性の高いものや宝くじ・公営ギャンブルなど、利用対象外の商品やサービスもあります。

こちらの地域共通クーポンの還元は9月1日(火)以降の実施予定とのことですのでご注意ください。こちらが実施された場合、たとえば1泊4万円の宿泊を利用した場合、35%分の14,000円が割引されて実際のお支払い額は26,000円、そして15%分の6,000円分の地域共通クーポンがもらえるということになります。2万円の日帰りツアーを利用した場合は、35%分の7,000円の割引で実際のお支払い額は13,000円、そして15%分の3,000円分のクーポンがもらえるということになります。

国の事業とは別のキャンペーンもあります。

「Go To トラベル事業」の開始に合わせて、対象となる旅行予約サイトでは独自のキャンペーンを実施しているところもあります。たとえば一休.comでは独自に一休ポイントを最大5%分プレゼントするキャンペーンが実施されるようですし、Yahoo!トラベルでもお得なキャンペーンの実施が予告されていました。楽天トラベルじゃらん.netなどの旅行予約サイトでも、今後何らかのキャンペーンが追加されるものと予想されますので、チェックしてみるとよいかと思います。

また、国の「Go To トラベル事業」とは別に、独自の旅行支援キャンペーンを実施している自治体も少なくありません。こちらは各都道府県内の旅行だったり、近隣の都道府県からの旅行客限定のキャンペーンだったりするものが多いですが、旅行をする際は旅行先の自治体のキャンペーンの実施状況などを調べてみることをおすすめします。

【この記事内の情報は2020年7月20日時点のものです。】

記事カテゴリ:
お得
 | ショッピング
 | ポイント
 | ライフスタイル
 | レジャー
この記事に関連するタグ:
最終更新:
2020-07-22

この記事についての感想

アンケート結果

集計日:2020-09-26

参考になった
96%
参考にならなかった
0%
どちらとも言えない
4%

みんなのコメント(46件)

  • この説明わかりやすいです
    2020-07-28(参考になった)
  • 旅行するときには検討したいです
    2020-07-27(どちらとも言えない)
  • 説明がわかりやすかったです。
    2020-07-26(参考になった)
  • 新聞等で見ても概要ばかりで、実際の運用がわからなかったので大いに参考になりました。
    2020-07-24(参考になった)
  • 旅行に行きたいけれど 感染者数をみつつ、様子見で‥ 参考にはなりました。
    2020-07-23(参考になった)

コメント一覧を表示

この記事は参考になりましたか?
また、よろしければこの記事を読んでの感想や「旅行」についてなど、コメントの投稿をお願いいたします。(ログインして投稿すると1ポイントGET!)

コメントの受付は終了しています

関連する記事

お得レシピをジャンル毎に探す

タグ毎に探す

人気のお得レシピ

バックナンバー